医学部卒業後に目指せる道

医学部卒業後に目指せる道

医学部卒業後に目指せる道 医学部生は卒業後、医師国家試験を受験して合格すれば、研修医としてそれぞれの病院で初期臨床研修を受けるのが一般的です。
原則として二年間の研修期間で、実際の医療現場を体験しながら、さらに専門研修を続けるのか、大学院に進学するのか、官公庁での医療行政を目指すのかを選びます。
大学院や専門研修の後は、大学病院の医局に入ったり、一般の病院に就職したり、独立して開業する道が開けます。
ごくまれに医学部を卒業して一般企業に就職する人もいますが、医療用品や人材派遣など、医療関係のジャンルを選ぶ人が多くいます。
例えば、医療用かつらの販売会社、企業に勤めるサラリーマンやOLの健康に関するチェックをする産業医、医学知識を持った行政官として厚生労働省に入省、他にも保健所や福祉介護施設、海外の関係機関などがあります。
また医療業界以外では、コンサルタント、製薬会社、医療保険会社、生命保険会社、シンクタンク、マスコミ、バイオベンチャーなどでも医学部卒業生が活躍しています。

医学部の偏差値はあてにならない?

医学部の偏差値はあてにならない? 医学部の偏差値はあてにならないことが多いと言われます。
多くの方に知られている通り、私立大学の医学部の学費は非常に高額ですから、よほどゆとりのある家庭でない限り、私立大学に進学することはできないのが現状です。
ゆえに、大半の受験生が、全国津々浦々の国立大学に散らばって受験し、進学してゆきます。

医学部のある大学は全国的に非常に数が少なく、また、定員も多くありません。国立大学には大変優秀な学生が集結することになります。

しかし、実際には併願先として私立大学も、大半の受験生が受けているという現実があります。
金銭的事情から、実際に進学することはないにしても、やはりひとつ合格を取っておきたいという心情もありますし、練習にもなるということで、予備校の医学科専門講師たちも、必ず私立大学を受験するようにという指導をします。

そうした優秀な学生たちが私立大学をこぞって受験することにより、偏差値は上がってしまうことになります。
特に、他大に比較して学費が安価とされる大学には多くの受験生が殺到し、非常に高い偏差値をたたき出しています。

新着情報

◎2018/5/1

再受験で心を強く保つコツ
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

医学部卒業後に目指せる道
の情報を更新しました。

◎2017/10/24

医学部の男女比
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

医学部を受験について
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

医学部受験コツと戦略
の情報を更新しました。

「医学部 卒業後」
に関連するツイート
Twitter